2013年01月22日

日本のキャラクター・ビジネス_その3

前回からしばらく日本のキャラクタービジネス史についての話を続けております。
今回は1971〜80年頃の時代のお話を。
テレビ・アニメのキャラクター人気が一段落し、その後継とも言うべきこの時代の
象徴的な商品の一つに「ファンシー商品」があります。
それまでの「正義の味方」的なヒーローから、
人気キャラクターの定義は可愛らしいファンシーなスターまでにも拡大されたとも言ってもよく、
1972年にソニー・クリエイティブがファンシー・ビジネスを開始し、
73年にはご存知サンリオが登場。74年には「ハローキティ」、「パティ&ジミー」の発表で、
本格的な和製ファンシー・キャラクターの誕生しました。
それまでのテレビ・アニメやコミック雑誌のヒーローではない、新しい形のキャラクターの誕生。
この頃に様々に登場したファンシー(カワイイ)の発想は、
今日の日本のサブカルチャーの象徴の根源とも言っても過言ではなく、
当初、アメリカの匂いがした「ファンシー商品」は日本的にアレンジされながら、
やがて日本のキャラクター・ビジネス市場の一分野を担ってゆくこととなります。

次回は日本のキャラクター・ビジネス史_その4として、
1981年〜90年くらいの時代のお話をしたいと思います。
乞うご期待下さい。

---------------------------------------------------------
ご意見・ご感想はお気軽にご連絡ください。
それでは又次回お会いしましょう。

制作実績1000社のロゴマーク・キャラクター制作サイト:LOGODES
http://www.logodes.com
posted by Elec-FangTang at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ロゴマークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
興味深く読ませて頂きました。
ファンシー=可愛いという定義も難しいですが、サンリオのヒットの裏には、世界のセレブが熱狂したと言う事実が有ると思います。
中学生時代、とは言え、30年もまえになりますが、『グレムリン』時代の、フィービー・ケイツは、今をグンとさかのぼった時点で既に「キティーちゃん好き、ラブ」を宣言していました。以来、ハリウッドの有名アクトレス達も声高にサンリオ(キティーちゃんなど)に熱狂のあらすじが有ります。
Posted by りよん at 2013年01月23日 14:09
お便りありがとうございます。
サンリオブレイクの理由の一つの「セレブの熱狂」。
違った側面からのご指摘非常に興味深いです。
やはりサンリオキャラの中でも、キティーちゃんの人気が際立っているのでしょうか。これからもあらゆる切り口からの分析を行っていきますので、乞うご愛読頂ければ幸いです。
Posted by Elec-FangTang at 2013年01月23日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック